お知らせ
ひろせホームについて
ギャラリー
ひろせホーム通信
ファミリーホームの輪
ご協力頂いた方からの寄贈
ファミリーホーム制度について
ファミリーホームへの思い
育成セミナー研修
お知らせ

よくあるご質問

千葉県里親会からのお知らせなどは、 >>こちら からご覧下さい。

医療費の請求の件についての質問

質問1:
予防接種及びインフルエンザの医療費についても(運営費・事務費内での処理になるのか)

質問2:
入所児によっては母子手帳ない場合やあっても医療的な手続きがなされていない場合などバラツキがある場合であっても(運営費・事務費内での処理になるのか)

回答:
1、2、のいずれも国庫及び県単の運営費事務費内で支払う事とする。

千葉県小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)
設置件数は2件
2010年4月に新たに1件が新設立

※ファミリーホームへの援助について
質問1 ファミリーホームに措置されている児童のパスポート取得方法を教えてください。
里親と同様です。
当該児童がそのファミリーホームに措置されていることを証する書類を提示すれば、事業者の署名でパスポートの取得ができます。
詳細は最寄の旅券事務所にお問い合わせ下さい。
質問2 乳幼児用ごみ袋配布は市町村によって違いがありますか?また、その問合せ先は?
地域の市町村役所及区役所の環境衛生課に問い合わせてください。
当該児童がそのファミリーホームに措置されていることを証する書類と本人と確認できるものの提示が必要です。
(乳児とは2歳までとしております。)
質問3 小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)に入所の児童は同居人になりますか?
住民票続柄欄の「縁故者」と「同居人」について

 >>詳細はこちら

 昭和52年3月8日 自治振第二十五号回答による里親委託児童に対する「縁故者」の記載は、平成6年自治振第216号・第232号によって、廃止となった。
 しかし、里親委託児童ケースは数少ない事例なので、市町村住民票担当窓口におていては徹底しておらず、「縁故者」と「同居人」の記載取り扱いが併存しているのが実態である。
 「縁故者」記載の場合の反対論・「縁故者」の意味は、親族や遠縁の者を意味する。
 里親委託児童の場合、子ども本人には何の罪咎はないのであるが、犯罪者等(結構、有名な犯罪者)の子が時々委託されている。
 このような場合、里親は「そんな親と血筋が同じであっては困る」と言って、「縁故者」の記載を忌避する例がある。
 「同居人」記載の反対論・里親委託児童は、法的には「家族の一員」ではない。
 (時々、「家族の一員として」と書かれた里親制度の説明があるが誤りである。)
 しかし、里親委託児童は「家族」と同様の家庭内処遇を得ており、里親の心情の部分としては「家族の一員」である。
 「同居人」記載ではあまりにも不憫であり、実子同様の記載を求める意見がある。
 しかし、これを認めるとなると、中卒で丁稚奉公で入り、起居を共にし、家族同様の待遇を受けている使用人についても認めなければならず、種々難しい問題である。
 また、住民票の続柄記載は、戸籍とも関連づけられているので、親族扱いになると義務・責任の問題が発生する。 
▲上に戻る
▲上に戻る